娘さんの結婚式の為に頑張ったSさんの話🎹🌸

毎年この時期になると思い出す生徒さんがいます。
数年前になりすが、11月にYAMAHAに入会された64歳の男性Sさん。
『5ヶ月後に娘の結婚式があり、そこでサプライズ演奏がしたい』と。
なんて家族思いのお父様✨

私『それで、ピアノ歴は😊?』
Sさん『ゼロです』

私『…(  ̄▽ ̄)』

Sさん『福山雅治さんの家族になろうよが希望なんです』

私『結婚式にピッタリですねー❤️』って笑顔で言いつつ、心の中では白目の「のだめ」みたいな顔に

いくら『初級』と書かれたアレンジしてある楽譜を探しても、コード進行が複雑ゆえ、左手の跳躍は免れない。付点、タイ、シンコペーション盛り沢山。黒鍵…使わない楽譜なんて…ない。あるわけない!(T∇T)

普通に考えたら、この年齢でピアノ始めた人が数ヶ月で弾くのは無理!

最初のレッスンで
私『Sさん、鍵盤のドの位置わかりますか?』

ポーン…。🎹

私『あ。ちがいますね…。あのですね。ドの位置はですね、、黒鍵が2つのー、、、』

のレベルから始まったSさんのレッスン。いや、ピアノとの格闘劇。

でもね、本当に頑張りましたよ!新婦父!
趣味のテニスとジム通いも辞められすべてピアノの練習時間に!会社の休み時間は私が模範演奏をした動画をずーーっと視てる生活。
滋賀に単身赴任中なので、奥様にすら内緒で練習する日々(奥様が来られた時はキーボードを押し入れに隠していたそうですw)

それでも絶対音感のない人が練習するので、自分が家で間違った音を弾いていても気づかない。⇒やり直し の繰り返し。

『Sさん、サビの部分ばっかり練習してたでしょ!最初のページ弾けなくなってますやーん!😱』って25歳も年下の小娘に怒られる大企業のお偉いさん(笑)

跳躍が多いので鍵盤見失う。なので最終手段、鍵盤にシール貼り。もぅね、『ド』じゃなくて『緑!』『ソ』じゃなくて『青!』

3分通して弾くと汗だく。
Sさん、絶対3分息止めて弾いてますよね?(^_^;)

そんなこんなで迎えた本番。
会場中号泣だったそぅな。

私もiPad見ながら弾く前のスピーチから泣きそうになった。

ご退職されて今は関東にお住まいですが、元気で時々鍵盤を触ってくれていたら嬉しいなぁ。。😌今度はお孫さんのために。